So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

ホンダモビリオのエアコン簡単修理 [修理の極意]

簡単ホンダモビリオのエアコン修理

難しく考えると、取り掛かれないのがエアコン修理。
20万キロ近くなると、壊れやすいのもありかなと思う。
今回は、ガスを去年に入れたというから、デラーで判断してもらう
ようにお願いをした。すると、古い車なので修理しても他の部分が
壊れてお金がかかるから、新しい車にしたほうが良いということらしい。
それに、オイルも漏れ修理代が高くつくので、新車を売る気が満々だ。
私は、安く仕上げることにして、ネットでクーリングファンと
コンプレサーを探して3500円と2500円で購入できた。
初め、オバーヒート気味なので、ファンモーターを疑い直結で試してみたら
稼働したので、そのまま直結で繋いで置くことにした。
次に、エアコン用のファンが直結でも稼働せず、モーターの故障と判断し
交換してみた。
エアコンのスウイッチを入れても風だけ出て、冷えない。
コンプレサーが稼働してないみたいなので、これも電磁石のスウイッチの
故障かなと思い直結で試してみる、いよいよのい事を考えて、別の回路で
電源を供給して切り替えスウイッチを設けてみた。
電磁石の電源が入った音がしたので、ここも故障でないが、冷えない。
そこで、ガスを調べてみた所、ゼロみたいだ。
ここで判断したのは、コンプレサーの故障である。
ガスを入れてもダメだろうと思い、メーターを取り付けて高圧と低圧の
ガスの圧力を測定してみたら、殆どゼロである。
やっぱり、コンプレサーの寿命が尽きたみたいである。
バンパーを外して、コンプレサーを取り外した。
中古のコンプレサーを取り付けて、エアー抜きをする。
家庭用のエアコンで使用した真空ポンプの出番だ。
30分ほど動かしてから、ガスを3本注入してみた。
さて、ドキドキ、ワクワクしながらエンジンをかけてエアコンのスイッチ
を入れてみた。成功でした。
ギンギンに冷えた風が排出口から出てきた。
温度計が手元にないので、測れないがOKだと思う。
メーターのチェックランプがついていたのも消えた。
めでたしめでたし。簡単修理の巻でした。
費用はガス代1530円プラスでした。エアコン用のオイルは300円。


nice!(0)  コメント(0) 

スバルステラのミラーウインカーの修理が楽しい [修理の極意]

スバルステラの車検での出来事
  ミラーウインカーをぶつけて壊れている。
 アルバイトで、眠くてぶつっけたらしい。
LEDのウインカー右側が点滅しない。点いてなければ車検は通らない。
雨が浸み込んで、ショートしも」て壊れたみたいだ。
部品を注文するにも、時間がない。
LEDの部品は特注で高くつくので、止めたーと。
先ず、右のミラーウインカーを分解してみることにした。
初めは、訳が分からないで迷ったが、外枠を外してから、ミラー鏡の部分が外れた。
ねじを何本か内側から外すと、LEDの部分が外れた。
12Vの電源を直接かけてみたが点灯もしない。
やはり基盤が壊れているみたい。
基盤を外した穴を大きくして、普通のランプ球が入るようにした。
ドリルで20ミリぐらい開けてみた。
これなら入りそうと思い、黄色いランプ球を探してみた。
LS600sのムーブでウインカーのリコールで貰ったやつが合うみたいだ。
黄色のランプ球にピンを直接配線し取り付けてみた。
OKである。
見事に点滅してくれた。
後は組み付けが問題だ。
雨や、洗車時に水が浸入しないようにしなくては、ランプが切れてしまう。
次の車検まで持てばいいな。
これなら切れても安いもんだ。200円だ。
厳重にテープと背着剤で埋めてしまった。
元どうりに裏側からビスで止めて鏡を取り付けて、カバーをはめ込み完成。
窓ガラスも動きが悪い。
ぶつけて、調子が悪くなったみたいだ。
パワーウインドウのボタンを長押ししてリセットをかけてみた。
一度、バッテリーを外さないと駄目らしい。
もう一度、ボタンを長押ししてリセットしたら、正常になった。
今日は、楽しかった。













Good-J/タブレット用フレキシブルアームスタンド/G-TS



nice!(1)  コメント(0) 

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ