So-net無料ブログ作成
検索選択

25万キロ走行のライフjb1の油漏れ修理ミッションからクランクシャフトかも [修理の極意]

車検に落ちた。とつぜんの前触れもなく、台に乗ったら、垂れてきた。
あなたならどうすればいいのかな。私は諦めて帰宅して修理を決意した。
 エンジンを降ろすか、ミッションを降ろすか考えて楽に降ろせるとミッションを
降ろすことにした。普通ならどちらが良いのか分からないが。
とにかく、エンジンの下にジャッキをかって、タイヤを外して、ドライブシャフト
引っこ抜いて、バッテリー回りも全部取り除いて、ミッションを支えてる左側のブラケットを
外してしまう。エンジンを支えるための工夫をする。30ミリの鉄パイプを1メートル50センチ
ぐらいに切断してエンジンルームの上に取り付けることにした。片方をエンジン側のサスペンション
部分に固定して、もう片側をミッション側のサスペンションのうえにジャッキ用の馬に細工をして
動かないようにして止める。つりさげ部分に移動しないようにゴムのオーリングをかませる。
そしてつりさげようの金具で固定してあとは、ロープで固定した。
ボルトを5本抜き取り、いよいよ降ろすのにミッション部分のジャッキを下げながら少し前にずらし
落下させた。成功。半日、いや一日の仕事だったな。ミッションのオイルシールを交換して、リアクランクシャフトオイルシールを取り外すのに苦労して外して交換。取れないのでドリルで穴を空けて、無理矢理
ドライバーを差し込み持ち上げて、外した。オイルシール代は2個で580円、安い。修理代は頼めば5万円だ
もう一日がかりで、取り付けて、無事に車検はパス。オイル漏れは完全に終了。



タグ:修理の極意
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ライフjb1のシフトロックが再度発生 [修理の極意]

シフトロック解除の再発防止

シフトロクが今日も再発。接点復活剤は一時的なものみたい。
今日も再度、シフトレバーが動かない。セルは回るがエンジンはかからない。
ハンドルの下に潜り込み、裏返しになり、ソレノイドのカプラーを抜き、再度
接点復活剤を十分に振り掛けでしみこませて差し込んでみた。
エンジンは見事に勢いよく回り始めた。チェックランプも消えて、問題なしに思えた。

試運転をして門の所にきてバックで入れようとしたら、エンストしてしまい。
何度、試みてもバックに入れるとエンストする。何事かと思う。
しかし、これもソレノイドの所のカプラーの接触不良が原因と思い、もう一度カプラー
を外して、接点復活剤を吹きかけてみた。繋いでみると一発でバックに入ってエンストも
しない。長い辛い毎日が嘘のように終えた。誰かに
、此の事を大声で言いたいなー

タグ:修理の極意
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ホンダjb1ライフのシフトロックで困った [修理の極意]

ホンダJB1ライフが突然シフトロック故障

我が家のライフJB1ライフは25万キロ走行
突然、家の門の所で故障。全く動かなくなる、セルは回るが
エンジンはかかる気配がない。爆発が一度も起こらない。
シフトレンジが動かせない、いわゆる、シフトロックである。
動かそうにも、びくともしない。一晩は、そのままにして置くことにした。
次の日にホンダのデーラーに電話して、手動でシフトロック解除方法を
聞き出して、手押しで庭の中に押し込んだ。
  それからが大変な毎日でした。燃料ポンプが寿命かなと交換2000円の中古品
燃料ポンプは原因でなく、コンピュータの指令なしには動かないらしい。
火花も飛ばないらしい。カムポジションセンサーも新品に交換しても反応なしセルは
回るが爆発しない。そこで、電気系統を検査することにした。
ヒューズは切れていない。リレーがカチッと音がしないのはリレーが故障かと中古と交換
一時、シフトロック解除になる。やったと思いきしやブルルンと一度かかり再度シフトロック
うんともすんとも、それからはセルがまわってもかからない。ああやるせない。
ネットで検索しても詳しい方法が見つからない、シフトロックソレノイドというものが
あることを知り、それを疑い中古のライフ11万キロの物を外して交換してみた。
しかし動かないのです。絶望の気持ちでカプラーの接触を疑うことができないで意気消沈。
次の日に、何気なくネットを検索していたら、ソレノイドバルブのカプラーを接点復活剤を
吹きかけて修理したとあって、早速試してみることにした。
   なんと、なんとセルを回し続けてみるとエンジンがうなり声をあげるようにかかった。
バンザイ、バンザイ。万歳の一日でした。有難うございました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車