So-net無料ブログ作成

ダイハツムーブL900Sのエンジンハンチングの解決修理 [修理の極意]

平成12年のダイハツムーブのスローの調子がおかしい。
17万キロ走行してるやつでハンチングが始まった。
スロットルボディーを取り外して回転するところのカーボンを取り除いた。
取り付けてみると、すぐ元に戻った。
スロットルボディーの交換しかないのかな
ハンチングが始まるとブレーキも効きが悪くなり危ない
取り外して交換だ。中古部品を購入した。2000円。
しかし、これもだめ、同じ症状が出てる。
諦めて他のものを探しネットで探して購入した。2500円。
取り付けたが、2度目もおなし症状だ。走行距離が多いのは絶対に駄目だ。
次のを探すときは走行距離の少ないやつしか駄目だ。
新品では、高額になるし。
5万キロのを見つけて注文。
届いたものを取り付けてみると、異常なし。
スローが安定してハンチングは無くなった。
4度目の正直でした。
費用は3000円で合計7500円なり。
まあいいか。

















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0