So-net無料ブログ作成
検索選択

前輪のホイールの赤茶けた錆の汚れが気になるので解決を [修理の極意]

IMG_0923.JPG

アルミのホイールが錆色に汚いのは気になるもんだ。
ほとんどの人の足回りは気にしないのかな。
汚いのが目に入る。
私は解決方法を考えた。
錆の元を絶たなければ駄目である結論。
年数が経た車は殆どが前輪のブレーキデスクローターが錆びまくってしまう。
その錆が、ブレーキのパッドの削れたものが高温なので焼き付くみたいだ。
アルミのホイールにだ。なかなか汚れを落すのに苦労する。
落としても再度おなじ運命に出会うだけだ。
私はこうすることにした。
金ブラシで錆を徹底的に落としてしまい、そこに錆止めを塗る。
980円の赤さびを黒く変えるやつだ。
一度塗って乾かしてから、もう一度塗布することだ。
すると黒々とした錆になる、それは黒染めの様だ。
自動車屋さんは黒染めをしないらしい。
日本のメーカーは知ってか知らないのかローターが黒いのを
見たことがない。ベンツやBMWなどの高級車は黒い
最近の日本の高級車さすがに黒いかも。
更に黒い錆のうえに耐熱性のペイントを塗ることをお勧めします。
昔の車屋さんは必ず車検ではシャーシを黒く塗ったのに、
手間を省くために全然今では塗ってはくれない。
私はこの方法で足回りをキチンと黒くしている。
錆びていないで黒いと気分が数段もよいものである。あなたも
試してみてはいかがかな。有頂天になるかもしれませんね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: