So-net無料ブログ作成
検索選択

ホンダのゼストのロアアームのボールジョイント破損 [修理の極意]


ダイナミック図解 自動車のしくみパーフェクト事典

ダイナミック図解 自動車のしくみパーフェクト事典




今日は驚いた。ホンダのゼストDBA-JE1だ。タイヤが以上にカタベりするというので見てあげた。
すると、両方の前輪の内側がすり減ってワイヤーが飛び出しているのだ。こんなの初めてだから、
右側のタイヤを外して様子を見た。初めは気が付かなかったが、驚いた。というより唖然とした。
ロアアームのボールジョイントが下に飛び出しているのだ。かしめてあるのが、緩んだように
真下に飛び出しているのだから、ビックリだ。ありえない光景に目を疑った。
どうしたら、こうなるのか聞いてみたいな。
どこにぶつけたら、こうなるのか。どこの穴に落ちたらこうなるのか不思議だ。
本人はいたって、気にはしてないので、聞いてもわからない。
一度外してから、金槌でたたき込んだ。また外れそうで心配だ。
新品のロアアームにするべきかな。迷ったが安く仕上げるため断念した。
落ちないようにしばりつけて2年間使ってもらうことにした。










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: