So-net無料ブログ作成

14万キロを超えたトヨタアイシスの故障原因は [修理の極意]

トヨタアイシスのエンジン不調修理
プラグを外して見るとオイル漏れ。丁寧に拭き取りヘッドカバーのパッキンを交換しないで液体パッキンを塗布して締め付けて試運転する。
   何とエンジンが不調なのだ。イグニッションを外しプラグを外して圧縮を計ってみると3番4番シリンダーの圧が4.5しか無い。諦めてエンジンヘッドの分解を決意する。先ずはD4エンジンの弱点に気が付かなかったみたいだよ。希薄燃焼のためカーボンが蓄積しやすい事だ。歳を取るとスピードは控えめだ。70キロ以上は滅多に出さない。其れが却ってD4エンジンには悪影響を及ぼすことなど誰も、だあれも、デーラさえ 、ましてやメカーさえ教えてはくれなかった。後で知る事になるが手遅れだ。
時々に高速道路で100キロのスピードで走らないと、バルブとピストンヘッドにカーボン其れがインテークマニホルドに堆積して哀れなことになる。プラグを外した時に カーボンが落ちてバルブに噛んだみたいだ。
情けなくなる。このエンジンは、特にひどいよ。後でネットで調べてみて知ったが、カーボン飛ばしが必要だなんて。仕方なく道具を揃えてエンジンヘッドの分解して修理します。驚いた事にインテークマニホルドニの穴が半分くらいカーボンがこびり着いて塞がっている。此れでは全くダメだ。バルブを外して見るとヒドイ。厚さ2ミリから3ミリカーボンがこびり着いている。カッターで削って落とした。マニホルドニはもっとヒドイのでヤスリで削りキャブクリーナーとブレーキクリーナーを使って徹底的にカーボンを取り除いた。後は組み付けだ。外す時に気おつけても部品を壊してしまった。オーツセンサーは寿命だった。交換する。チェックセンサーが点灯してしまった。カムシャフトの締め付けが難しい。マニュアルを手に入れて参考にして取り付けた。完了。こんども3週間かかった。
修理代は幾らになるかな?38万円だそうだけど。部品代はオーツセンサーとヘッドパッキンだけで済んだ。しかし疲れた。疲れたー。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0