So-net無料ブログ作成
検索選択

車はダイハツのムーブL900S [修理の極意]

23万キロも走行してるムーブ。タペットの音がうるさくて調整を決意した
隙間を聞くとインテークが0.18でエギゾーストの値は0.25とのこと。
早速、シックスネスゲージで計ってみると、インテーク側は問題なし、しかし
エギゾースト側の隙間は0.3以上あり、0.05も余計にある。
そこで、シムを交換なんて待てないので、秘策を考案した。
古いシックスネスゲージを再利用しようと思い立った。シムの径にあわせて
0.05の厚さのゲージをシムの下側に挿入して用を足すことにした。
成功。あんなに煩かった騒音は静まり、ほとんど気にならなくなった。
修理の経費はただで、時間だけが浪費したみたい。参考までに。写真daihatsu.JPG
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 1

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2015-04-26 10:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0